転職サイト/サービス

転職エージェントは複数登録してリスク分散をしよう!

転職をする際には、「転職エージェント」サービスがオススメです。「転職エージェント」は、一人一人の状況や要望を面談形式でヒアリングし、その人に適した会社を個別に紹介しアドバイスしてくれるサービスです。

経歴や条件を入力して転職会社や企業からの紹介情報を待つ一般的な「転職サイト」と比較して以下のメリットがあります。

「転職エージェント」のメリット
  • 細かい要望を伝えて自分に適した会社を紹介してもらえる
  • 膨大な情報から会社を探す手間を省くことができて楽チン
  • 履歴書の書き方や面接のアドバイスを直接受けて内定率アップ

転職エージェントは人と人との対面形式サービスなので利点がある一方、「エージェントやアドバイザと相性が悪いかもしれない」「情報が偏っていて好みの会社が紹介されないかもしれない」というリスクがあります。これらを避けるため、転職エージェントサービスは複数登録して進めるようにします。

転職エージェントは複数登録して進めるべし!

転職エージェントを1社だけに絞って進めることは危険です。以下のようなリスク(危険性)があります。

転職エージェントを1社に絞ることで遭遇するリスク
  • アドバイザーの人と相性が合わない
  • 紹介される案件の業界や勤務地など条件に偏りがある
  • 対応スピードが遅く紹介される案件数が少ない


「とりあえずやってみる」のであれば、1社だけ登録して様子を見るでも問題ありません。しかし、上記のようなリスクに遭遇したくなければ 2〜4社は登録して、「相談しやすいアドバイザーかどうか」「自分の要望に親身に答えてくれるか」「希望の案件を数多く紹介してくれるか」を確認し、自分に合う転職エージェントを探して利用しましょう!

おすすめ転職エージェント

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は丁寧な対応が特徴的です。
他の大手エージェントはどうしても対応がマニュアル的だったり、要望が伝わっているのか不安で..みたいな話が出てくるのですが、マイナビエージェントは条件に合った会社紹介や、アドバイスをきめ細かく対応してくれます。
若手やIT系に強いと言われますが、周りでは40代や事務職でも利用し転職に成功しています。
わたしも利用しましたが、面談では1時間ほどかけて要望を聞いてくれて好印象でした。
オススメ度
特徴 丁寧で親身な対応/情報量が豊富

マイナビエージェントの詳細を見てみる

パソナキャリア

パソナキャリアは手厚いサポートが好評です。
「パソナ」と言えば人材派遣を長く実施してきた会社なので、その人材サポートのノウハウが詰め込まれているという感じです。
会社紹介や面接アドバイスに加え、適宜連絡をくれて手厚くサポートしてくれます。
また、他の転職エージェントは首都圏が主な提供範囲ですが、パソナは全国に拠点があり地方に強いというのもイイですね。
項目名
特徴 手厚いサポート/地方での対応可

パソナキャリアの詳細を見る

リクルートエージェント

最大手の「リクルートエージェント」の特徴は、なんと言っても豊富な実績からくる紹介案件数の多さと適切なアドバイスの安定感です。
紹介案件数は非公開も含めてトップクラスなので数をこなして早く転職を決めたい人にはオススメです。
また、企業採用側として中の方と何回かお話をしたことがありますが、トレンドを掴んで採用に至る分析結果を教えてくれたりで、リクルートエージェントさんからの紹介は安心感がありましたね。
オススメ度
特徴 豊富な紹介案件数/アドバイスなど情報の安定感

リクルートエージェントの詳細を見る

doda

リクルートエージェントに並ぶ最大手が、「doda」です。こちらも紹介案件数は非常に豊富です。
こちらも企業採用側として中の人とお話をしたことがありますが、アドバイザーに若い人が多いという印象です。20代など若い方はアドバイザーとも年齢が近いのでコミュニケーションを取りやすいと思います。
オススメ度
特徴 豊富な紹介案件数/若いアドバイザーが多く勢いがある

dodaの詳細を見る

ワークポート

もともと IT/インターネット業界専門であったこともあり、「ワークポート」はこれらの業界に強いです。
周囲でも「ワークポート」に登録したら希望に近い案件を紹介してくれたというIT業界の知り合いが多いです。
IT業界と言ってもサービスや技術範囲が広いので、ITに限らず希望業界が絞られていれば、このような専門性のあるエージェントサービスはオススメです。
オススメ度
特徴 IT/インターネット業界に特化した専門案件の紹介

ワークポートの詳細を見る