IT業界

【それで大丈夫?】技術スキルを身に付けたいというSIerへの転職理由

IT業界に15年以上いて会社側の就職面接官を実施していると、直接・間接的にも転職に以下理由を持つ方が多いです。

  • 手に職を付けたい
  • 技術スキルを身に付けたい
  • 技術スキルを高めたい

この理由自体は悪いものとは全く思いません。しかし、SIerを志望している場合は聞きたいのです。

その理由で SIer会社に転職していいんですか?

と。

そう思ってしまう理由と、「ではどうすれば良いのか?」について説明していきます。

SIerとは

まず最初に、このページで記載するSIerの定義・範囲について説明します。

SIerとは、以下をビジネスとして実施している会社・組織を指します。

SIerの範囲
  • 顧客から依頼を受けて行うビジネス(請負型)
  • 売上額の決定最大要因は人月見積り
  • 契約に期間があるプロジェクト型

ポイントは顧客から依頼を受けた仕事(請負型)」「プロジェクト型」というところですね。

自社でサービスやソフトウェアを開発している会社はこのページでは SIer と定義しないことにします。

SIerは技術を身につけることができるか


そもそものところで、SIer会社で「技術スキルを身に付ける」ことはできるのかをお伝えします。

回答は「会社による」です。

…身も蓋もない回答で申し訳ありません。これは真実ですが回答にはなってないですね。

しかし、一言で言い切るなら

深い・濃い技術スキルを身につけることは無理

です。はい。これについて、もう少し詳しく解説していきます。

SIerでは何が求められるか

SIerだけではなく、ソフトウェアメーカーでもサービス系提供会社でもゲーム系でもそうなんですが、技術に対する根本的な理解として

技術スキルは目的ではなく手段である

ことを忘れてはいけません。あくまで大きな何かを成し遂げるための手段です。

しかし、目的を見たとき SIer は目的を決めるのが顧客です。自分達ではありません。それは、SIerは顧客の依頼を受けて行うビジネスだからです。

もちろん他のIT業界・職種も「市場のニーズに応える」という意味では潜在的に顧客が目的を決めるところはありますが、ニーズを自分自身で掘り下げていくこともできます。

しかし、SIerはほぼそれができません。顧客が決めた・依頼された要望・仕様と予算内に自分達の技術を当てはめていくことが求められます。

一番必要なのは管理・調整・説得力


SIerの場合、顧客が期限までにシステムを作り上げたいわけです。それを会社として成し遂げてビジネスを拡大したいわけです。

そこには「この最新技術・深いスキルで作りました」というのは不要です。「こちらの言う通り動いてほしい・作ってほしい」というのが相手のリクエストです。

そのため、そこには技術力よりも顧客のリクエストと実際にできること・できないことのギャップを埋める管理・調整・説明に多大なパワーが必要とされます。

そのため、SIer現場ではこの管理・調整・説明(説得)を上手くできる人が重宝され評価されていきます。正直なところ、技術力ではありません。

SIerはコミュニケーション力のほうが大事・必要

と言われるようなことを聞いたことがあるかもしれませんが、それは顧客リクエストの把握・ギャップ埋めが一番必要とされるためです。

逆に考えると、「技術力がなくてもコミュニケーション力に秀でていればSIerに就職できるチャンスはある」と言えます。

システム全体の理解・知識は深まる

では「SIerって就職する価値が全然ないんですか?」と言われるとそんなことはありません。

システム作りと人をつなげるポジションはどのようなIT業種・職種でも求められます。そのような視点は SIerで身に付きます。

要件に対してどのようにシステム設計・構築をしていくのかというステップの理解はどんなものづくりにも繋がるため、多くのことに対応できる経験・知識の拡大となります。

マネジメント力向上につながる

顧客とのギャップを埋めるスケジュール調整・人の管理、そしてお金の管理は全てマネジメント力向上につながります。

社会人であれば最低限身につけておきたい部分ではあります。

また、人には向き不向きがあるため、マネジメント力向上や発揮していくことが楽しい・向いているのであれば、技術力を身につけるよりもマネジメント力を伸ばしたほうが将来的に自分自身が活躍でき給料も増える最短距離かもしれません。

「やったことなければやってみる」「面白い・向いていればそれで食っていく」と判断するためにSIerの仕事を取り組むのは、将来自分自身がどうするかを決める上でも非常に価値があると考えます。

自分の転職可能性や市場価値を確認する


ここまでの話を聞いて、「SIerの興味が深まった」また「SIerでもやっていけるかどうかさらに確認したい」ということであれば、無料の転職エージェントサービスを利用することがおすすめです。

できればIT業界・職種に強い転職エージェントに登録して、相談や今の自分にどのような会社を志望できるのかを確認しましょう。

採用側としても10社近くの転職エージェントと関わった経験から、以下をおすすめしています。

▼IT業界に強い転職エージェントまとめ

結論まとめ:技術を身につけるためにSIerへ就職・転職して大丈夫か?

これまで説明してきた内容をまとめます。

  • SIerでAIや機械学習など最新技術のプロフェッショナルを目指すのはほぼ無理
  • SIerでは技術が〜より顧客リクエストを叶えること・できないこととのギャップ調整・管理が求められる
  • コミュニケーション力があれば未経験に近くてもSIerに就職・転職できる可能性あり
  • マネジメント力を向上したりその分野で活躍するためであれば十分あり
  • 次のステップへ進むための経験を積む場としての選択はあり

最初にお伝えしたように、IT業界のどの職種についても「技術は目的を実現するための手段」であることに変わりはありません。

しかし、IT技術は将来の社会や環境を変革できる可能性を秘めています。

その中で「IT最新技術を身に付けたい。そのために就職・転職したい。」ということであれば、SIer業界・会社はおすすめしません。

ただし、「自分自身が何に向いているかどうかまだわからない」、「経験が薄いためまずどこでも良いから実績を身につけたい」ということであれば、SIerで経験を積むことはおすすめできます。

このポイントを把握して、SIerへ就職・転職するかを決めて・あるいはさらに情報を収集して、一歩先へと踏み出しましょう!

▼IT業界に強い転職エージェントまとめ