転職をする判断

【本当に辞めちゃう?】会社を辞めるかどうか迷ったときに確認すべき3つのこと

「残業が多すぎてツライ…」「つまらない仕事ばかり…」「あの人とずっと仕事していくのかよ…」みたいに不安・焦り・怒りなどで会社を辞めたい/転職したいと思うことは誰でもあります。わたしも何度思ったことが数え切れません。

ただし、「本当に今の会社を辞めていいのか?」という不安もでてきます。そこで、会社を辞めるべきかどうか考える・確認すべきポイントを3つご紹介します。

モチベーションを維持できる環境にあるか

モチベーションの低い状態が数年続いてしまうと、あなたの成長度合いは極度に下がってしまいます。その「会社を辞めたい」という気持ちがどれぐらい続いているのか/今後続いていきそうなのかを見極めます。

「何がモチベーションやにつながるのか」は人それぞれ違います。「やりたいこと」が明確であれば、それを実施できるかどうかですが、やりたいことが明確ではないときもあります。そんなときは、以下のようなことに社内で取り組めるかどうかでモチベーションを維持・向上する環境かどうかを確認しましょう。

モチベーションを維持できる環境

  • 社内外研修の定期的な参加が許可されている
  • 部下や後輩を育成できるポジションを与えられている
  • 仕事やビジネスを自分で推進できる裁量を持たされている

研修やフェアへの参加は刺激を受けて新しい情報を入手できます。部下や後輩など「人に教える/育成する」というのもあなたのスキルを整理・棚卸して視野を広げることができます。また、すごい細かく色々指図されるのではなく、自分で判断し活動できれば達成感を感じやすくやりがいにつながります。

仕事がつまらない/やる気がでないと感じたときにモチベーションを維持する3つの方法 今までそこそこ頑張ってやってきたが、社内のポジションが変わったり、プロジェクトが変わったり、上司がダメ上司になったりなどで仕事がつま...

問題なのは、会社として上記のような取り組みや体制作りをしていない場合です。そのような会社は、社員をキャリアアップさせようという考えやプランが欠如しています。そのような会社に居続けてもあなたにメリットはありません。

会社に尊敬できる人はいるか/上司は信頼できるか

やはり、人が良い影響も悪い影響も含めてやりがいを感じるきっかけとなるのは「人」です。物理的な環境や仕事内容も影響を受けますが、一番大事なポイントは尊敬できる人/信頼できる人が身近にいるかどうかです。そのような人がいればスゴイと感じることを真似することで、同じようにあなたも尊敬される/信頼される人間に近づきます。成長が早まります。

仕事としてやりたいことをやっていても、周りが常にネガティブで愚痴が多い環境では、そのうちあなたのやる気も周りに吸い取られてモチベーションが下がってしまいます。職場に尊敬できて信頼できる人がいるかどうかは非常に大切です。「考えや行動すべてが尊敬できる!」という人がいればベストですが、「この人のこういうところは本当にスゴイな〜。尊敬しちゃう。」みたいな部分的な尊敬/信頼でも OK です。

しかし、そのような尊敬できる人/信頼できる人がまったくいない・少ない会社は危険です。あなたの考えや行動の見本となる人が存在しないということですから、あなたの成長につながる大きな要素がその会社にはありません。そのような会社では成長度合いなしと判断できます。

成長を加速させるには尊敬できる先輩・上司の思考の真似をするべし! 「スキルを身に付けてもっと素早く仕事をしたい!」「多くの経験を積んで高度な仕事をしたい!」というのは誰もが思うところですよね。 ...

会社のビジネスに未来はあるか

「職場環境は悪くない」「周りの人とも上手くコミュニケーション取れている」と感じていても、そもそも会社のビジネスに不安があれば、あなたの将来も不安定ということになります。

見極めが難しい場合はありますが、あなたの会社のビジネスが数年後も安泰なのか/拡大していくのか/そのビジネスに自分自身がワクワク感をもって取り組めるのかどうかを見極めましょう。

ビジネスが上手くいっているかどうかは一概に判断が難しいですが、以下のようなポイントを確認します。

会社のビジネスに未来があるかどうかのポイント

  • 赤字/低粗利続きで収益が向上するプランがない
  • 退職者が多いわりに入社してくる人が少ない
  • 「将来自動化やAIでなくなる職業トップ10」というニュースに常にでてくる

ただし、「あなたが通常のサラリーマンではできない荒波を経験する」ということを選択するのであれば、中途半端ではなく最後まで会社の行く末を見守るという考え方もあります。「会社が没落していくときはこんな感じなのか」ということを肌で感じとるのも貴重な経験です。

あなたの成長につながらない会社の未来が待っているのであれば、そこに長く留まる必要はありません。

3つすべて該当していれば辞めるべし

会社を辞めるべきかどうか考える・確認すべき3つのポイントをまとめます。

会社を辞めるべきかどうか考える・確認すべき3つのポイント

  • モチベーションを維持/向上できる取り組みがあるか
  • 部下や後輩が自分の下につく体制が考えられているか
  • 会社のビジネスが下降気味ではないか

2つ以下の該当であれば、様子を見つつ情報収集して引き続き判断していきましょう。3つすべてに当てはまっているのであれば、あなたがその会社に居続ける意味はほぼありません。転職しましょう。あなたが成長を感じられながら活躍することを応援しています!