転職をする判断

職場環境を変える(転職をする)いというのは甘え/逃げではありませんよ


「環境を変える ≒ 転職 ≒ 甘え/逃げるな」
みたいに言うひとっていますよね。まぁ、わたしもそんなことを思っていたときもありました。

でも、本当にそうなんでしょうか? 環境を変える前に自分を変えないとダメ? 自力で自分を変えることができなければ環境を変えても意味がない? ここらへんについて考えてみます。

環境を変えることが自分を変えていく手っ取り早い手段である


職場環境を変えないとできない/始めることができないこと
ってあると思うんですよね。例えば、以下のようなときです。

  • 社内の部署やプロジェクト異動希望を出しても話すら聞いてもらえない
  • 新しいことを始めようとしても「何それ?」みたいな感じで取り合ってもらえない
  • 残業時間が多くてしんどいのに「とりあえずやれ」みたいな空気感が強い

会社やプロジェクトも今までやってきた背景や実績があるので、すぐに変えることは難しいです。でも、「上司が話も聞こうとしない」ような環境は変えることに多大な労力がかかります。こんなときは自分がいくら努力しても周りを買えることは難しいです。サクッと職場を変えてしまいましょう。

上層部がひとを大事にしている実績と人間性があるかどうか

「会社の上層部の人間が社員をコマのように扱っている」とその会社の環境は変わらないです。口だけで言っているひとはダメです。社員や部下のことを真剣に考えて行動していない会社はダメです。

ただ、そのような会社かどうかの把握が難しい場合がありますね。上層部全員が馴れ合いみたいな感じでお互いの悪口を言わないけど変わろうとしていないような場合は、その組織は一見良さそうに見えます。そこらへんは直感で感じとることが必要ですが、「把握できない ≒ オープンな環境ではない」と割り切ってそんなときも職場環境を変えちゃいましょう。

待つことで環境が変わるときもある

こんな多くの人が関わっている社会や企業の中で「環境を変えずに自分を変える」なんて無理ゲーです。自力でできることなんてたかが知れています。

でも、前に述べたように「会社があなたのためになんとかしたい」と思っていてもすぐにできないときもあります。そんなときは会社や上司と話して、今後環境が変わる可能性があるかを判断しましょう。以下のようなときは早々に転職せず状況を確認しながら待ったほうが良いです。

会社が環境を変えるためのプランを提示してくれる

上司がきちんと考えてくれていて、「xx月に社内異動しよう」「1年後を目処にローテーションしよう」と言ってくれる場合は待ちが良い結果につながる場合があります。

そんなときは、どこまでプランとして考えてくれているのかを聞き出しましょう。単純に口だけではなく、「上の人には既に話している」「こういう引き継ぎの準備をしよう」みたいに実行が伴っているときは現実性が高いです。そんな行動力のある上司であれば信頼して付いていきたいですよね。

ひとりの上司と折り合いがつかない

たったひとりの上司や関係者と折り合いがつかない/相性が悪いのか上手くいかない というときは、その上司や担当者が変わると状況が劇的に良くなることがあります。このようなときも待ったほうが良い場合があります。

そんなときは、その折り合いのつかないひとの周りの評価や、上司がそのひとをどう評価しているか ということを確認してみましょう。「アイツ、オレも困ってるんだよね〜、今すぐは難しいけど来年度は外そうと思ってるんだよね…」みたいなことまで聞くことができれば、それまで待ってみましょう。

自分の体験ですが、6年前ぐらいのとき、当時のマネージャーと全然合わず喧嘩ばかりしていました。ほんと会社辞めてやろうと思いましたが、そのひとが異動になり自分がマネージャーになった途端すべてが好転したということもありました。

環境が変わる可能性が低ければ辞めてしまいましょう


環境を変えるために転職をするということは、大いにアリ
です。そんなことは甘えでも逃げでも何でもなく、自身を成長させるためのチャレンジです。そもそも、自力で環境をガラッと変えるなんてスーパーマンみたいなことをデキるひとはそう簡単に世の中にいません。

しかし、環境はその場に入り込まないとわからないことが多いです。そのため、転職して本当に自分にとって環境が良くなるかはちょっとした賭けと言っても良いです。

ですので、現在の状況を冷静に見て「待つことで環境が変わりそうだな」というときは待ってみるのも良いでしょう。