転職時のアドバイス

【一歩踏み出そう!】心配性で転職の失敗を恐れている人に伝えたい「たった一つのこと」

「転職をしたいけど、転職した会社先で周囲の人と上手くやっていけるか心配で…」「転職してまた新しい仕事を覚えて成果をだせるかどうか心配で…」という気持ちありますよね。環境が変わるのですから、その心配ごとは非常に良くわかります。

ましてや、「転職先で失敗したらまた転職しなければいけないし、それは自分のキャリアにキズがついてしまうのでは…」と考えてしまうこともありますよね。失敗なんかできるだけしたくありません。

心配性の方は上のようなことを考えて、転職への勇気を踏み出せないことがあります。しかし、そんなあなたに伝えたいたった一つのことがあります。

未来をイメージしよう!

たった一つのことは、「未来をイメージしよう!」ということです。未来の自分の活躍している姿をイメージしましょう。数週間や数か月後みたいなすぐ近くの未来ではありません。5年後や10年後の未来の姿を想像するんです。

未来のことを考えると、あなたの視野が広がります。これにより、直近で起こる/起こる可能性のあることは小さいことだと気づくようになります。具体的に、どのように考えて変わっていくかを解説します。

イメージは具体的でなくて OK

自分自身の未来イメージは具体的でなくても OK です。具体的に考えることができないと「ああ、自分はやっぱりダメだ。」みたいな思考になってしまいます。未来に起きることを正確に把握することは無理なのですから、自分が考えることができる範囲のイメージで大丈夫です。「世界中を移動しながら色んな人と知り合いになってる」とか「IT社長になって美女と付き合っている」みたいな感じで十分です。

ポイントは、それを毎日考えるようにすることです。未来を考えることが習慣になることで、あなたの考えや行動が変わってきます。

収集する情報が変わってくる

未来を考えるようになると、まず収集する情報が変わってきます。

今までは自分を安心させるような共感できる他人の愚痴や失敗談のような情報を好き好んで見ていたかもしれませんが、未来を知るためのトレンド情報やどうやったらできるようになるか How to (やり方)情報を収集するようになります。

そして思考と発言/行動が変わってくる

収集する情報が変わり未来を考えることを継続していくと、直近の出来事だけに縛られない広い視野/視点が身についてきます。すると、ものごとの優先順位付けも変わってきます

目の前のことにどうしよう/どう対応しようと常に考えていた行動から、数年後のための自分の糧になる行動をするようになるので、目の前のことは時間をかけずさっさと終わらせるか、大した出来事ではないのでスルーし始めるでしょう。ここまでくれば、以前より心配性な性格も薄れてきて転職に限らず一歩踏み出す勇気が芽生えてきます

しかし、ただボヤっと未来を考えていても思考を変えることは難しいです。そこで、以降は思考を変える上で有効な考え方/視点を2つご紹介します。

長い期間で考えれば、今日明日起きることなんて取るに足らないこと

心配性な人は「明日どうしよう」「来週参加したくないあのイベントをどうしよう」のように、数日間/数か月間に発生するトラブルやイベントに思考が奪われがちです。これでは、心配ごとがあなたの頭から離れることが難しくなってしまいます。

直近のことではなく、ものごとを数年/数十年ぐらいのスパンで考えるようにしましょう。人生80年と考えれば、明日起こることなんて人生のごく一部の小さなできごとに過ぎません。そんなことに色々と頭を悩ませるのはアホらしくなります。

長い期間で成し遂げたいことを考えれば、明日や来週に起きて終わることなんて、あなたの人生の中で一生懸命取り組むこととしての優先順位は低いんです。力を入れずさっさと終わらせるか、誰かに任せてあなたは数年後につながるようなスキルの習得/尊敬できる人とのつながりを作るための構築に尽力しましょう。

広い範囲で考えれば、自分の周りで起きていることなんて小さいこと

「近所で起こること」「会社で起こること」なんて、日本全体や世界全体の視点から考えれば非常に小さいことです。世の中には解決しなければならない大きな課題が山ほどあります。

そう考えれば、身の回りで起きていることなんて小さいことであり、これから起こることも大したことありません。大したことないからこそ、あなたの好き勝手やれば良いんです。

失敗も成功も小さいこと。なので、そのようなことに恐れる必要はありません。心配なんてするだけ無駄です。考えるよりも実行して一緒に前へ進みましょう!