転職先の選択

転職先として「ベンチャー/スタートアップ企業」に向いている人 〜好奇心を持って自分でガンガン進めていこう!〜

大手上場企業とは異なり、会社を企業して間もないベンチャーやスタートアップ企業には大きな未来を感じますよね。「企業の成長とともに自分も成長できる」「会社が大きく儲かれば自分も儲けることができる」と考えると夢が広がります

しかし、ベンチャーやスタートアップ企業だからこそ苦労することが数多くあります。そこを乗り越えて働き続けるには向き・不向きや適性があります。ここでは、「転職先としてベンチャー/スタートアップ企業に向いている人」を解説します。

新しいコト・モノにワクワクする

ベンチャーやスタートアップ企業は、主にこれまで世の中に広まっていない新しい商品やサービスを作り提供することを目的としています。その新しいモノやコトに好奇心を持ち、ワクワクできる人はベンチャー企業に向いています。

そのような人は、ワクワク感が仕事の推進力につながります。「新しいコトで世間をアッと言わせたい」「新しいモノで世の中を変えていきたい」と考えることができれば仕事へ積極的に取り組むことができるでしょう。

「これまでの経験を存分に活かしていきたい」という想いが強い人は辞めたほうがよいでしょう。もちろん、会社内の役割によるところもありますが、ベンチャーでは既存の考え方や行動だけではなく、常に好奇心を持って新しいことを考え・習得し前に進むことが必要です。

モノゴトを自分で決めて進めていくことができる

ベンチャー企業内では、重要なプロジェクトがいくつも並行に進みます。そして、サービスや商品をこれから売っていくという状況から、社員の人数もそれほど十分にいないケースが多いです。そうなると、複数のプロジェクトに参画し、積極的に意見を出し合い、迅速にモノゴトを決めていく必要があります。

この「モノゴトを迅速に自分で決めていく」ということができる人はベンチャーに向いています。逆に、「言われなければ/与えられなければ動くことができない人」は合っていません。

ベンチャー界隈は同じような競合企業がひしめいている状況ですので、スピード感が非常に重要です。そのためには、即断即決レベルで試行錯誤しながら進める必要があります。

迷うのは時間のムダ!即決即断があなたを救う3つの理由 迷っている時間というのはホントにツライですよね。あれやこれやと考えてしまうことは精神を大きく消耗して疲れてしまいます。 た...

様々なことを優先順位づけしながら取り組むことができる

先に述べたように、ベンチャー企業はスピード感が重要なため、複数のプロジェクトや案件が並行に進んでいます。そのため、「複数のタスクを優先順位づけしながら進めることができる」能力・スキルが必要です。

「一つのことにじっくりと腰を据えて取り組む」ことに向いている研究者スタイルの方は、ベンチャーやスタートアップ企業には不向きです。ただし、ベンチャーでもIT技術開発や研究にしっかり取り組んでいる会社もありますから、そこでは活躍できる可能性はあります。

また、起業から間もないため組織規模(社員の人数)はそれほど多くありませんから、総務や人事、あるいは収益管理のような仕事も兼務してやらなければいけない場面も多いです。そのため、「いや、オレは自分のやりたいこと以外はやりたくない!」と考えてしまう人は向いていません。

ベンチャーやスタートアップは組織がまだ小さいため一体感を感じることができる一方、小さいからこそ色んな業務を兼務して雑多なことにも取り組まなければいけません。

忍耐力がある

ベンチャーやスタートアップは既に存在する商品やサービスを決められたように売ったり開発したりするのではなく、試行錯誤をして進めていく場合が多いです。そのため、色々と決めて実行しても上手くいかないケースが多いと感じるでしょう。

上手くいかなくても次の施策を考えて常に実行していく必要があります。これには、失敗しても心が折れず続けていくことができる「忍耐力」が必要です。すぐに諦めてしまう人は向いていません。

一つ気をつけなければいけないのは、「同じことを続けていく」忍耐力ではなく、「失敗にくじけず新しいことに取り組み続ける」忍耐力です。失敗をしてもクヨクヨせず前に進んでいく必要がありますからね。

まとめ:好奇心を持って積極的にガンガン進めていこう!

ベンチャーやスタートアップでも様々な役割がありますが、「新しい商品やサービスを世に出していく」「迅速かつ失敗にくじけず進めていく」という点が要求されるケースが多いため、それに適するかどうか/ワクワク感を持って取り組めるかどうかを考えてみましょう。

好奇心が強い人であれば自分自身で色んなことに取り組めるので、一般のサラリーマンでは味わえない貴重な経験を得ることができることがベンチャーやスタートアップ企業の大きな魅力です。自分自身も起業の経験に携わりたい方はぜひ飛び込んでみましょう。