退職理由・説明

メンドくさいけど避けられない/上司に退職説明するタイミングはどうする?

転職や退職を決意したら、会社や上司に退職の意志を伝えなければいけません。この意志表示・説明がメンドくさいんですよね。さっさと話したいのに、上司が忙しくて話すタイミングがないとか、現場が違うので会うタイミングはほとんどないというケースもあります。

ここでは、そのような状況で「会社や上司の退職の決意を伝えるタイミングはどうすれば良いか」ということを、わたし自身の転職時あるいは上司として説明を受けた側の経験を踏まえて解説します。

できるだけ早く上司を呼び出して話す

自分自身の都合の話だとしても、こちらは会社を退職したいのですから上司に気を使う必要など一切ありません。転職・退職を決めた次の日の朝にでも「大事な話があります」と切り出して個別に時間を作ってもらい、退職説明をしましょう。

「いや、ちょっと忙しいんだけど」と言われても、大事な話があると言い切って、時間を作ってもらいます。少し勇気が必要な行動ですが、その行動があなたの未来のステップアップにつながるのです。一歩踏み出しましょう。

【一歩踏み出そう!】心配性で転職の失敗を恐れている人に伝えたい「たった一つのこと」 「転職をしたいけど、転職した会社先で周囲の人と上手くやっていけるか心配で...」「転職してまた新しい仕事を覚えて成果をだせるかどうか...

メールで切り出してもOK

直接対面で話しを切り出すことがどうしても難しい場合もあるでしょう。周りの先輩や同僚に気づかれたくない場合があります。また、現場や業務時間が離れていたりなどで話すタイミングがそもそも難しい場合もあります。そんなときはメールで伝えても問題ありません。

円滑な退職を目指しているのであれば、メールで伝えることは主に2つです。「1.退職の意志があること」「2.対面でも直接話をさせてください」ということです。

メールで済ませて大丈夫?

「メールではなくて、やっぱりきちんと対面で伝えるべきでは…」というのは一理あります。多少なりとも円滑に退職したいと考えれば、メールだけで済ますより対面で退職説明をするのがマナーでありこちらの意志も伝わります。

ですので、まずはメールで伝えるとしても「対面でも説明します」「詳細は直接話します」という一文を添えましょう。これで失礼なことにはなりません。その際、転職で退職希望日がある場合は、この希望日もきちんと伝えます。

上司が対応してくれないときは、人事部や会社へ直接伝える

上司が退職を全く受け入れない・説明を聞いてくれないケースがあります。こんなダメ上司の場合、上司になんとか説明しようとすることは時間のムダです。上司のさらに上の上司か、会社の人事部などへ直接伝えましょう。

人事部などへ直接伝える際は、以下を準備します。

  1. 上司へ説明しても聞いてくれない・動いてくれない証拠(メールのやり取りなど)
  2. 退職に必要な書類(退職願、秘密保持契約書など)

書類も準備して、たたみかけるように手続きを進めます。必要な書類は、会社の規定集を確認すれば記載されているはずです。不明な場合は、それとなく事前に人事部などへ聞いておくのも手です。

会社側が退職書類を受理しなかったり断る義務はありません。最後は「弁護士を呼びます」ということも伝えながら会社に受理させます。

退職代行サービスを使う手もあり

ここ半年ほどで、退職者の代わりに会社と全て交渉してくれる「退職代行サービス」が話題になるようになりました。きちんと依頼すると3万円〜10万円ぐらいかかりますが、サービス提供会社は「ほぼ100%上手く行きます」と紹介しています。

話題にはなっていますがまだ事例としては少なく、「本当に使えるのか/トラブル性がないのか/最後まで対応してくれるのか」という情報が不足しており、判断が難しいところです。

「退職交渉に本当に困っている」のであれば、使ってみるのも一つの手です。余計な手間・ストレスなく、かつ確実に対応してくれれば、最後の手段として検討する価値があります。有名どころのサービスを2つ紹介しておきます。(結果には責任を持てませんのでご了承ください)

会社側のことは考えずに進めよう!

タイミングを考えすぎると、ズルズルと延びてしまいがちです。円滑な退職をするのであれば丁寧な対応は必要ですが、会社のことや自分自身が退職した後のことを深く考えては前に進めなくなってしまいます。

上司側からとしては、部下の退職宣言ほどつらくてショックなことはありません。この人材不足な時代に、部下や社員が会社を辞めるということほどビジネス的にも組織的にも打撃をくらいます。ハッキリ言って、上司側はそんな話はもっとも聞きたくない話の一つです。でも、そんなことに気を使う必要はありません

退職説明の内容と必要な書類を準備し、何を言われても退職するという決意を持って直ぐに話に行きましょう。あなたの未来を考えれば、いっときのメンドくさや辛さなどは大したイベントではありません。ガンガン行きましょう!