転職時のアドバイス

SPI や CUBIC のような適性検査/能力検査は足切りテストなので全力で取り組むべし

大手から中堅の多くの企業では、採用面接前に適性検査と基礎能力検査を実施しています。これまで、検査は紙での実施でしたが、最近はウェブでの実施が多くなってきました。

SPI や CUBIC あたりが検査として主流ですが、この適性検査と能力検査にどう取り組めば良いか、採用側の視点も加えて心構えと対策法を解説します

適性検査と能力検査は足切りテストである

適性検査と能力検査は足切りテストなんです。国公立大学入試のセンター試験(1次試験)みたいなものです。「検査なんて多少できなくても、面接でカバーできるべ」と考えていたら、それは甘いです。検査結果が悪ければ、面接というステージにたどり着くことさえできません

あるいは、面接まで到達したとしても、同じような能力・経験の候補者がもう一人いれば、最終的に適性検査・能力検査の優劣で決めてしまうことは多々あります。

採用企業側からすると、候補者が多かったり、複数の候補者で面接での差がほとんどない場合、時間のない中で決めようとすると、合理的・客観的に判断できる検査結果を利用するというのは当たり前の状況になっています。

適性検査/性格検査は応募職種や企業の特性に合わせて答える

適性検査や性格検査は、時間をかけず直感的に答えさせる問題です。時間がない中答えるので、受験者の潜在的な考えや性格が現れます。

これは企業側でどう見るかというと、募集している職種や要件にその人が適合するかどうかを見ます。例えば、以下のような観点です。

【募集職種:営業】

  • 外向的でコミュニケーションに長けているか
  • 積極性があり新規顧客に攻め込んでいけるか

【募集職種:ITエンジニア(アプリ開発)】

  • 持続性があり、諦めずコツコツと作業できるか
  • 慎重性があり、テストを漏れなく実施できるか

あくまで一例です。これに加えて、「新しいことに挑戦できる活動型か」とか「関連部署と調整できる協調性があるか」など、会社の状況や風土になじめるかなども見ていきます。

ですので、「どうしても/何が何でもその会社に入りたい」と思っていれば、その会社の風土や募集要項に合うように答えるというのも適性検査のテクニックの一つです。

ただし、採用は企業だけでなく応募者側が会社に合うかどうかの判断をする場だともわたしは考えています。長く働くことを考えれば、会社と自分自身の相性が良いかどうかは非常に大切なことです。ですので、よほどの理由がなければ適性検査や性格検査は思った通り直感で回答するのがベターです。その会社と合わなければ、「入社する前にわかって良かったな」と考えて自分に合う会社を探しましょう。

基礎能力検査は万全の準備をして臨む

一方、基礎能力検査はあなたの基礎能力を測るテストです。「ひたすら計算させるような問題」が並んだり、「文章を読んで適切な答えを選べ」みたいな文章問題もでてきます。

これは基本的に正解はひとつしかありませんので、明確な点数がでてきます。あなたにどれぐらい意図を読み取る力があるのか、計算したり数値を分析する力があるのかを点数で表します。これで点数が悪ければ、さすがに企業側は「こんなアタマ悪いやつダメだわ」ということになります

文章読解や計算は、問題の慣れと練習量で結果にかなり差が出てきます。これはがっつり傾向と対策を練り、事前に練習をして本番に臨みましょう。対策本は数多くでています。以下シリーズがオススメです。

面接では検査の内容をもとに質問される

面接まで進んだ際、面接官には適性検査や能力検査の結果はすべて届いており把握しています。場合によっては、検査内容と矛盾点がないかとか、弱点と表示された内容について本人はどう考えているのかということを質問してきます。

ただし、ここまでくれば余計なことを考える必要はありません。面接では検査結果のことは気にせず、あなたの言葉で考えで質問に全力で答えましょう。弱みに対する質問についても、「いえ、そんなことはなくこんなことができます」みたいに堂々と言い切ってもいいですし、「たしかにそれはわたしの短所です。ただし、〜という場面では逆に力を発揮できます」など、素直に弱みを受け取った上でアピールへつなげるのも好印象です。

せっかくの企業との採用機会を、準備不足のため検査で落ちてしまうというのは非常に残念です。対策は複数の会社に通じますので、適性検査と能力検査の対策は十分に実施し転職活動に臨みましょう!