MOK ahirucyanhitorinohukyou TP V

こんな会社・組織は気をつけましょうというお話です。人間関係の同調パワー/同調圧力が強い会社・組織は危ないです。


同調パワー/圧力とは、何か新しいことをやろうとすると「オレ(オレら)はこうやってるんだからお前もやれ」みたいなことを言ったり、言葉にしないまでも「なんで、そんことすんの?」みたいな空気感を平然と出してくることです。といって、事前に説明をして許可を得ようとしてもなんだかんだと大した理由もなく「やるな!」という圧力をかけてきます。


該当する場合はその会社に長くいることは考え改めたほうが良いでしょう。


同調圧力が強い会社は生き残れない

同調圧力が強い会社でよく出てくる言葉は、以下のような文言です。

  • 「xx をやっていればいいんだよ」
  • 「そんなことは過去にやったことがないからやらない(できない)」
  • (大した理由を説明せず)「xx ことはやるな!」

今まで自分たちがやってきたこと/今やっていることが正しいと思い込んでいるところがあるので、その方法を強要してきます。タチが悪いのは、それをまったく悪びれた感じもなく実際にそう思ってもいないところです。


まぁ、アタマの固い少し年齢がいったおじ様がたに多いんですけどね。でも、30代ぐらいでもそんなことを平然と言ってくるひとたちはいます。自分自身の保身しか考えていません。ほんといなくなればいいのに。


この社会情勢や技術革新がめざましい状況において、変化についていけない/ついていこうとしない組織はダメです。これからは新しい仕組みや環境を取り入れていかないと、すぐにひとは離れていきます。この人材難に離職率が多い会社・組織は生き残れません。


過去にも、廃れていく技術や製品にしがみついて倒産した企業は数多くあります。そんな過去の歴史や現在の社会情勢、未来の変化と適切な判断ができない/しようとしない会社・組織はダメです。あなたがそんな中にいるとしたら、あなたもダメになってしまいます。


組織が同じ方向を見て一体感を持ち進むことは必要

理由なき同調はダメですが、変化に対応しようとする戦略・方針ありきの団結・一体化して進むことは非常に良いことと思います。


キレイごとに聞こえるかもしれませんが、組織が複数名から成り立っている限り、一体感を持つことのモチベーション向上からくる生産性アップや推進力は、ものごとを成し遂げるためには必要です。そのような組織で仕事をしていると本当に気持ちがいいです。


会社や組織が変化に対応すべく新しいことにチャレンジしているか、そのためにきちんと戦略や計画をドキュメント化して立てているかを確認しましょう。そのようなことをせず、「とりあえず考えず言われたことをやれ」みたいな会社は危ないのですぐ辞めてしまいましょう。